読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うーるたんの日常

ゲームの考察や日常の戯言

ラビットコントロール解説

f:id:uc3854m19x1f7t169:20161207192204j:image

   【はじめに】

このデッキは現環境で最も強力なデッキの一つである《ミッドレンジロイヤル》を倒すことに焦点を置いたデッキである。

少し前にデッキレシピだけをTwitterに上げたが、少し癖の強いデッキなので何をしていいのかわからないという人も多いと思う。そこで使用する際に覚えてくといいことなどをまとめてみた。

 

   【デッキレシピ】

シャドウバースはダークエボルヴ実装以降強いデッキが極端に固まる事がなく常に環境が変化している。よって12月7日現在僕が最適だと思っているこのレシピを使用する。

f:id:uc3854m19x1f7t169:20161207152749p:image

 

    【勝利条件】

vsアグロ〜ミッドレンジ(大幅有利)

リソースを吐かせきりボードを制圧。

 

vs冥府エルフ(微不利)

アルミラージや獣姫を絡めながら積極的にフェイスを攻めて倒し切る。

ライフをキープして冥府にオーディンを当てる。

 

vs超越ウィッチ(大幅不利)

相手の事故を願って早めに倒し切る。

一切フィールドにカードを残さないようにしてサタンをプレイ。

 

vsコントロール(五分〜有利)

サタンを出して勝利。

リソースを吐かせきりボードを制圧。

 

   【コンボ】

白兎スカルフェイン:劣化乙姫守護付きVer. アグロに対して決まれば試合を決定付けるパワーがある。

 

   【マリガン】

基本的にマナカーブ通りに動くことを目標にキープしていく。

必ずキープ:《獣姫の呼び声

 

ほぼほぼキープ:《ユニコーンの踊り手・ユニコ

 

上記のカードがある場合にキープ:《教会の守り手》、《プリズム・プリースト》、《ヒーリングエンジェル》、《詠唱:聖なる願い》、《詠唱:夢想の白兎

 

後攻の場合にキープ:《鉄槌の僧侶

 

上記のカードいずれか2枚以上があり相手がロイヤルでなおかつ先行の場合:《テミスの審判

 

   【注意点】

・アミュレットの置くタイミングを考えよう

例えば1ターン目に後攻で《詠唱:夢想の白兎》と《詠唱:聖なる願い》両方のカードが手札にあった場合先に《詠唱:聖なる願い》置くと4Tに発動して《鉄槌の僧侶》を手札に加えられる確率が上がる。白兎をプレイしていたら逆に返しのターンで《鉄槌の僧侶》をプレイされて消滅させられてしまう可能性がある。

考えなしに《詠唱:獣姫の呼び声》をポンポン置くと終盤何も出来ないターンが出来てしまう。

特に後の展開を考えながらプレイしなければならないデッキである。

 

   【あとがき】

考えることが多く楽しいデッキなので、最近色んなデッキに飽きてしまった人は是非一度使ってみてはどうだろうか。ただしこのデッキを使ってBPが大幅に下がってしまった等のクレームは一切受け付けていないので注意して欲しい。